ズバリ知りたい!社員研修を受けてあなたは変わりましたか?

自分が変わったかどうかは考え方でわかる

新人研修あるいは管理職研修などで研修を行った場合に、その研修を受けて自分が変わったかどうかを手っ取り早く調べる方法は簡単です。それは自分の考え方が研修前と研修後で大きく変わったかをよく考えてみることです。研修を受けてもあまり考えが変わっていないという場合には、その研修があまり効果的なものでは無かったということですから、研修の方法が悪かったのかあるいは研修を理解できなかったということになります。現在ではどの企業も社員研修には力を入れており、外部委託をしているところも珍しくはありませんから、企業によって研修の成果が現れる場合とそうでない場合があります。研修で変わるかどうかは個人差にもよりますからできるだけ柔軟な考え方で受けることが大事です。

社員研修を受けて変わるためのコツとは

社員研修はすべての社員がやる気を持って受けるというわけではなく、中にはいやいや受けているような方もいますが、研修は会社が社員に対して成長をさせてくれる機会を与えてくれているということでもありますから、なるべく真面目に受けるようにしましょう。研修の際に気になったことや参考になったことはメモをとっておくようにして、いつでも見られるようにしておきましょう。研修を真面目な姿勢で受けることで考え方も変わっていき、企業から求められているような人材にいち早く成長していくことが出来るのです。社員研修は能力をアップさせるための手段でもありますから、研修担当の社員あるいは講師が言っていることはなるべく頭に入れておくようにしましょう。