良い人材に育てるための社員研修とは?

どんな社員研修が効果的?

会社に入ってきた社員全員には良い人材になってほしいと思う方は多いと思います。そのためにお金をかけて社員研修を行っている会社は多いです。ではどんな社員研修が効率的なのでしょうか。
社員に専門技術的なことを教える研修は確かに社員のスキルは身につくかもしれませんが、それで仕事ができるようになるかというとまた違うと思います。
まずはマナーやルールといった基本的なことから教えることが効果的です。具体的には報告、連絡、相談といった報連相の大切さや挨拶や身だしなみ、5S、電話対応やクレーム対応といったものです。
挨拶や身だし、マナーやルールなどをわざわざ会社の研修で教える必要があるのか、会社に入ってくる時点で身につけていて当然ではないかと思う方もいるかもしれません。

なぜマナーやルールを教えることが大事なのか?

まずマナーやルールがとても大事であるということは十分承知していると思いますが、これらは自然と身につくものではありません。人によっては幼い頃からマナーやルールについて両親や周りから厳しく教えられて自然と身についている人もいればそうでない人もいます。
ですので社員研修ではまずそういったビジネスマンとして欠かすことのできないマナー、基本動作を教えましょう。
そうすることで専門的技術がまだ未熟でも、みだしなみに気を付け接客や挨拶がしっかりできれば客先からも良い印象を抱かれることがあるでしょうし、何かその社員では対応できないことがあっても報連相を行う習慣がしっかり身についていれば、迅速な問題解決につながります。
ですので良い人材に育てるための社員研修では、マナーやルールといった基本的なことやビジネスマンとしての基本動作を教えることが大事です。